妊婦さんの足

先日、妊婦さんのカイロプラクティックについてお話しましたが、
今日は、妊婦さんの足についてです。

よく、出産後にヒールやパンプスなどが
履けなくなってしまったという話を聞いたことがありませんか??
(基本的に、ハイヒール自体は足にはオススメできませんが、、、)

あるいは、足が疲れやすくなったり、足に痛みが出たり、、、


先日も書かせていただきましたが、妊娠中はリラキシンというホルモンの
影響で、骨盤だけでなく身体全体の靭帯がゆるみます。

もちろん足にある靭帯も緩みますので、多くの場合、
足にとっては一番の問題となる回内という状態となります。
簡単に言うと、土踏まずのアーチが崩れてしまう状態です。


妊娠して、足が大きくなったという話を聞いたことはありませんか??
もちろんむくみやすくなりますので、その影響もありますが、
足の骨格が崩れてしまうことによる影響も大きいのです。


そして、産後に2ヶ月ほどかけて靭帯も回復していくのですが、
常に荷重のかかっている足は非常に戻りにくいのです。
戻りにくいというより、戻らないことが多いようです。

足の状態が戻らない場合は、結果的に妊娠前と比べて
足の長さ、幅ともに長くなります。
それで、今まで履けていた靴が履けなくなるのです。


妊娠中は靭帯が緩むうえに体重も増えます。
足にはものすごく大きな負担がかかるのです。
そこで、助けになるのが足底板です。
足底板を使うことで、足の骨格が崩れるのを防ぐことができます。


妊娠中こそ足底板をオススメします。
(理想は妊娠前です)

足は非常に我慢強いので、機能的に問題が出ても
症状として感じないこともあります。

気になる方は、一度ご相談ください。


北川カイロプラクティックのホームページ

Tag:足について  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

RICARDO

Author:RICARDO
ご訪問ありがとうございます。
愛知県一宮市にある、頚椎のレントゲン写真を基にしたアトラス・オーソゴナル・カイロプラクティックをメインとしたカイロプラクティックオフィスです。
尾張一宮駅より徒歩6-7分です。

Twitter
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード