相互理解の促進

昨日のコーチングセミナーでの話です。

相互理解を促進するために、相手を行動特性から
4つのタイプに分けて、コミュニケーションの方法を
変えると効果的だという話です。

詳細は省略しますが、自己主張レベルや感情表現レベルから
現実派・社交派・理論派・友好派の4つに大きく分けます。

そして、それぞれに行動傾向がありますので、それにあわせた
効果的なコミュニケーション法をとるというやり方です。

また、それぞれの行動傾向の人が嫌うポイントというのも
ありました。

もちろん全てがあてはまるというわけではありませんが、
これは、患者さんとの会話・問診などに非常に役立ちそうです。

もう少し自分の中で噛み砕く必要がありそうですが、
早速、取り入れて行きたいと思います。

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

RICARDO

Author:RICARDO
ご訪問ありがとうございます。
愛知県一宮市にある、頚椎のレントゲン写真を基にしたアトラス・オーソゴナル・カイロプラクティックをメインとしたカイロプラクティックオフィスです。
尾張一宮駅より徒歩6-7分です。

Twitter
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード